弁護士費用と債権額のバランス

弁護士に依頼するとまず相談料がかかる可能性があります。相談料に関しては初回無料としている弁護士事務所もあります。相談して正式に債権回収を依頼する場合、回収のために弁護士が行う方法に応じて手付金を支払う必要があります。例えば法的にも有効な書類の作成や、債務者に対する催促状の作成、送付などです。

ここまででも場合によっては数万円~数十万円かかることもあるでしょう。また、回収できたかどうかにかかわらず、毎月顧問料という形で定額の請求をされるケースもあります。この場合、当然問題の解決が長引けば長引くほど弁護士費用はかさむことになります。

もしも債務者が返済に応じずに、返済に関する請求や約束を無視し続けるなら裁判による解決へと踏み切ります。裁判をするためにはさらに費用がかかります。裁判に勝ったとしても、今度は成功報酬という形で弁護士に債権の何割かを支払います。そのうえ、返済の約束を取り付けた時点で成功とみなされ、実際に返済が始まる前から成功報酬を請求されることもあり、債権者としては弁護士費用でほとんどの債権額を使ってしまうことがないように慎重に検討すべきといえるでしょう。債権額が数万円あるいは数十万円の場合は弁護士に依頼する事柄を良く選ばないとかえって損失を被るかもしれません。